循環器外科研修
TRAINING FOR CARDIOVASCULAR SURGERY

人間力の育成 / 個々の特性に合わせたゴール
当教室では、夢を持って循環器外科医を志す医師を応援し、成長を助け、またそのための環境を提供します。先ずは1人の社会人として患者さんやメディカルスタッフと良好な関係を築けること、環境に応じ周囲に配慮したマネージメントができるようになることを基本とし、技術力・考える力・アウトプットする(書く/話す)力・コミュニケーションする力を総合的に育て、専門的な力を伸ばしていくことを理想としています。また、人にはそれぞれ個性があり、循環器外科医としてのゴールは一様ではありません。個々の特性に合わせた適材適所の人材配置、それぞれが輝けるゴール作り・環境作りが教室の使命と考えます。

研修の特徴

オールラウンドな臨床研修

後天性心疾患、大動脈疾患、先天性心疾患、腹部末梢血管疾患、重症心不全のすべてを網羅した研修が可能です。大学病院では、オフポンプCABG、僧帽弁形成術、自己弁温存大動脈基部置換術、胸腹部大動脈瘤手術、肺動脈血栓内膜摘除術など、各領域における複雑かつ高難易度な治療を学ぶことができます。先天性心疾患については北海道内の殆どの手術を大学病院と関連施設が担っており、充実した研修が可能です。また、北海道で唯一の心臓移植実施施設として、心臓移植や補助人工心臓について、さらには自己心臓を温存した重症心不全外科治療について学ぶことができます。

定期的に開催される症例検討会や研究発表会、また技術講習会(ドライラボ・ウェットラボ)を通して、考える能力・書く能力を育成するとともに外科基本技術の習得・向上を目指します。

北海道内外の多くの病院と連携しており、グループ全体で年間1600例以上の心臓大血管手術を実施しています。大学病院と関連病院とは相互に交流しながら診療と研修を行っているため、大学病院では関連病院から紹介される複雑症例・高難易度症例を学び、関連病院ではより基本的な後天性心疾患や大動脈疾患、さらに末梢血管疾患やステントグラフト治療を学ぶことが可能です。

関連病院

研修計画

基本専門医資格の取得(3〜10年目)
初期研修の終了後、外科専門医と心臓血管外科専門医の取得を目指します。一般外科研修と心臓血管外科研修を効果的に組み合わせ、可及的早期に両専門医資格を取得できるよう個々の進み方に応じて研修内容を調整します。関連病院で執刀経験を積み、大学病院では主に考える力・研究や発表の仕方・論文の書き方を学びます。
学位取得(5〜12年目)
大学院で研究し学位(医学博士)を取得します。
指導医を目指す(10〜20年目)
学位取得後は心臓血管外科修練指導者を目指して臨床経験を積みます。指導者資格取得後は関連施設での主執刀医を目指します。また大学病院で研究を行い、主要英文雑誌への原著論文投稿・掲載を目指します。大学スタッフとなり、後輩の臨床・研究を指導します。

研究

大学院においてテーマをもって研究し、学位論文を作成して学位を取得する課程は、考える力・書く力を育てる上で非常に有効なトレーニングです。物事を考え・まとめ・アウトプットする事は医師に求められる非常に重要な能力のひとつです。当教室では、医師の研修・育成においてこの点に重きをおき、学会発表や論文作成、さらに大学院における研究を通して成長できる環境を提供しています。

 

留学

当教室ではこれまで多くの医師が米国や欧州に留学し経験を積んできました。異なる環境に身を置き異文化に触れ、臨床・研究に携わることは人生において他に得がたい貴重な経験です。一方、留学には何を目的とするかによって適切な時期があります。よりよい留学になるよう個別に相談しながらできるだけ機会を作るようにしています。

 

教育への取り組み

当教室では、若手医師のみならず、学生やメディカルスタッフ向けの技術講習会を行っています。基本技術が向上し、また手術に対する理解が深まり認識が共有されることにより、医師の育成とハートチームの成熟、ひいては手術成績の向上が期待できます

技術講習会

医学生向け実技研修
まだ自分の将来の専門性が決まらない方もすでに外科に興味を持っている方も、ブタの心臓を使った模擬手術を体験してみませんか?
外科の手術の魅力は教科書では伝わりにくいものです。実際に触って心臓の解剖を確認しながら、また手術手技を体験しながら外科手術の魅力を感じることができます。

まだ自分の将来の専門性が決まらない方もすでに外科に興味を持っている方も、ブタの心臓を使っての手術を体験してみませんか?
外科の手術の魅力は教科書では伝わりにくいものです。実際に触って心臓を解剖を確認しながら、また手術手技を体験しながら外科手術の魅力を感じることができます。

研修医向け実技研修
頭でわかっているつもりでも、実際に手を動かしてみないとわからないことがあります。普段助手として手術に参加することで得た知識もいきなり術者として実践するのは難しいものです。ブタ心臓を使った模擬手術は、自分が執刀する上でのよい練習となります。また、普段の手術の際に先輩にゆっくり質問をしたり確認する時間がないことも、その場で納得いくまで質問し確認することが可能です。

頭でわかっているつもりでも、実際に手を動かしてみないとわからないことがあります。普段助手として手術に参加することで得た知識もいきなり術者として実践するのは難しいものです。ブタ心臓を使った模擬手術は、自分が執刀する上でのよい練習となります。また、普段の手術の際に先輩にゆっくり質問したり確認する時間がないことも、その場で納得いくまで質問し確認することが可能です。

看護師向け実技研修
模擬手術を体験することで、手術内容をより深く理解できるようになり、介助の力が向上します。心臓手術チームとしてのコミュニケーションが高まることで、患者さんにより良い医療を提供することができます。