記事一覧 ARTICLES

 2024年5月18日(土曜)、昨年に続き北海道大学大学院医学研究院 クリニカルシミュレーションセンターを会場として、令和6年度第1回手術体験セミナーおよび教室説明会が開催されました。

 3〜6年生の医学部生、初期研修医を合わせ、21名の参加を頂きました。また、それに対応すべく、学外講師5名を含む多くの講師が参加し、約4時間の手術体験セミナーとなりました。
 例年通り、あっという間の4時間が過ぎ、その間にブタ心臓と実際に使用されるものと同等の人工弁や人工血管を用いて、弁置換・冠動脈バイパス・人工血管置換などの手技を体験していただきました。
 第一線の心臓血管外科医として活躍される、市内関連施設のベテラン心臓血管外科医の皆様にも講師として参加していただき、熱心な指導を頂きました。また、普段は教えられる側である当院若手医師達もこの時ばかりは教える側に回りました。指導する立場を経験することで、新たな視点が得られたはずです。

 手術体験セミナー終了後の懇親会では、昼間の労をねぎらいつつ、普段は中々聞けない若手医師達の研修状況や将来のビジョン・キャリア形成などについて、ざっくばらんな意見交換がなされました。

 今後もこうした手術手技に実際に触れていただく機会を設け、外科、特に心臓血管外科領域の魅力を広めていきたいと考えています。

全プログラムを終えて

当教室の大学院生 高 婧雯さんの英語論文が掲載されました。

Effects of Trehalose Preconditioning on H9C2 Cell Viability and AutophagyActivation in a Model of Donation after Circulatory Death for HeartTransplantation.
Gao J, Shingu Y, Wakasa S.
Curr Issues Mol Biol. 2024 Apr 12;46(4):3353-3363. doi:10.3390/cimb46040210.
PMID: 38666940

心臓停止後の心移植(DCD)は心臓移植における臓器不足を緩和する有望な戦略です。トレハロースは自食作用(オートファジー)の誘導剤であり、虚血再灌流(IR)モデルで心臓保護効果が示されていますが、DCDにおけるIR損傷での役割は不明です。本研究では、DCDモデルにおけるトレハロースの心筋細胞の生存率と自食作用活性化への効果を評価しました。結果、虚血前にトレハロースを投与する前処理は心筋細胞の生存率を向上させ、この保護効果は自食作用の活性化によるものであることが確認されました。この結果から、DCD移植における心筋細胞の損傷防止策としてトレハロース前処理が有望であることが示唆されます。

 桜前線が待ち遠しい今日この頃、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

 さて、例年開催させていただいております、手術体験セミナーと教室説明会を下記日程で同日開催いたします。手術体験セミナーはブタ心臓を用いたwet labo形式をとり、実際使用される人工弁や人工血管を使用した心臓血管外科手術を体験していただくことが出来ます。
 また、医局説明会では、当教室の診療の実際や心臓血管外科医としての研修システムなどについて、情報を提供させていただきます。

 参加をご希望の皆様は、下記のQRコードのリンク先であるGoogle formに必要事項を入力していただくか、下記メールアドレスまでご連絡ください。

新宮 康栄先生の論文が掲載されました。
この論文は、北海道大学病院が臨床研究中核病院として推進している「特定臨床研究」論文に相当します。

論文タイトル:食道がん手術後のL-カルニチン使用による心房細動発生率:予備的な単一群介入研究
概要:食道がん手術を受ける患者に周術期にL-カルニチンを投与した研究では、術後心房細動(POAF)の発生率が予測の24%から実際には7.7%に低下しました。また、血中脂肪酸結合蛋白質4(FABP4)レベルも平均で3.3ng/mL減少しました。この予備的研究は、L-カルニチンがPOAF発生率とFABP4レベルを減少させる可能性があることを示唆しており、将来の研究の計画に貢献することが期待されます。

Incidence of atrial fibrillation after esophageal cancer surgery with L-carnitine use:a preliminary single-group interventional study.
Shingu Y, Yokota I, Shichinohe T, Murakami S, Ebihara Y, Kurashima Y, Hirano S, Wakasa S.
Surg Today. 2024 Feb 23. doi: 10.1007/s00595-024-02802-4.
Online ahead of print.
PMID: 38388906

 令和5(2023)年11月17日16時より、札幌開成中等教育学校においてアウトリーチ活動を行いました。
 この活動は、当教室の新宮康栄講師主導で進められている、心筋保護・冬眠心筋に関する研究が、公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団の研究助成を受けたことにより企画・実施されました。


 「北大から心臓移植のエキスパートが来ます!」と称された、この出張授業形式の活動は、中高生約80名と同校教職員数名の参加を得ました。
道内唯一の心臓移植実施施設である当教室から、心臓移植と補助人工心臓治療の臨床経験豊富な大岡診療講師と基礎研究部門のリーダーである新宮講師、補助として中国からの留学生で博士課程在籍のコウ・セイブンの3名が参加しました。
 大岡診療講師からは、日本および北海道内の心臓移植および補助人工心臓治療の実際や現状について、新宮講師からは臓器移植の臨床的観点を絡めた、心筋保護・冬眠心筋に関する基礎的研究、脳死下臓器移植の現状についてのプレゼンテーションが行われました。
 持参した模擬回路を用いた補助人工心臓(HeartMate II®およびHeartmate3®)の実機が駆動する様子を実際に観察していただきました。

質疑応答時間は30分を超え、多岐にわたる白熱したものとなり、予定実施時間を大きく上回った約2時間の講演となりました。
通常授業が終了した時間にもかかわらず、多くの中高生にご参加頂き誠に有り難うございました。質疑応答の内容には、思わずうなってしまうような鋭い内容もあり、我々医療者への刺激ともなりました。

大岡診療講師による心臓移植および補助人工心臓治療に関する説明
新宮講師による心臓保存研究による説明
模擬回路を用いた補助人工心臓の実際の駆動状況を観察

渡部 克将先生(現 王子総合病院心臓血管外科 勤務)の論文が掲載されました。

Surgical repair of a residual lesion of mixed-type total anomalous pulmonary venous connection using a vertical vein as a free graft: a case report.
Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2023 Aug 24. doi: 10.1007/s11748-023-01973-0. Online ahead of print.

https://gtcscases.biomedcentral.com/articles/10.1186/s44215-023-00107-5

石垣 隆弘先生(現 市立釧路総合病院心臓血管外科 勤務)の英語論文が掲載されました。

Reconstruction of right ventricular outflow tract with severe calcification: lantern procedure.
Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2023 Aug 24. doi: 10/1007/s11748-023-01973-0.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37620708/

 北海道大学大学院医学研究院 外科系部門外科学分野 心臓血管外科学教室の3代目教授 若狭 哲先生の教授就任祝賀会が、2023(令和5)年7月23日(日)ホテルニューオータニイン札幌にて開催されました。
 若狭先生の教授就任は、2020(令和2)年4月(当時は循環器・呼吸器外科教室)でしたが、コロナ禍により祝賀会開催を延期せざるを得ませんでした。就任祝賀会開催時期を慎重に判断して参りましたが、新型コロナ感染症が5類感染症に分類されたことを受けて、開催可能と判断致しました。

 学内外および道外から来賓を含む、約150人の皆様のご来臨を賜りました。また、4名の皆様からの祝辞、5名の皆様からのテーブルスピーチを頂戴し、誠に有り難うございました。
 若狭教授は、すでに3年を経過した就任期間中に実施した新しい取り組みや将来的な展望、地域医療への貢献、心臓移植実施施設としての責務など、幅広い視点で抱負や取り組むべき課題などを述べられました。

抱負、展望を述べられる若狭教授
若狭教授ご夫妻と心臓血管外科教室員一同

石垣 隆弘先生(現 市立釧路総合病院心臓血管外科 勤務)の英語論文が掲載されました。
Impact of sarcopenia on early and mid-term outcomes of surgery for acute type A aortic dissection in octogenarians.
Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2023 Mar 30. doi: 10.1007/s11748-023-01932-9.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36995640/

 2023年5月27日 北海道大学大学院医学研究院 クリニカルシミュレーションセンターを会場として、令和5年度第1回手術体験セミナーが開催されました。
4〜6年生の医学部生、初期研修医を合わせると21名の参加を頂きました。また、それに対応すべく、学外講師6名を含む多くの講師が参加し、約4時間の手術体験セミナーとなりました。
 例年通り、あっという間の4時間が過ぎ、その間にブタ心臓と実際に使用されるものと同等の人工弁や人工血管を用いて、弁置換・冠動脈バイパス・人工血管置換などの手技を体験していただきました。
 第一線の心臓血管外科医として活躍される、市内関連施設のベテラン心臓血管外科医の皆様にも講師として参加していただき、熱心な指導を頂きました。また、普段は教えられる側である当院若手医師達もこの時ばかりは教える側に回りました。指導する立場を経験することで、新たな視点が得られたはずです。

 手術体験セミナー終了後の懇親会では、昼間の労をねぎらいつつ、普段は中々聞けない若手医師達の研修状況や将来のビジョン・キャリア形成などについて、ざっくばらんな意見交換がなされました。
 今後もこうした手術手技に実際に触れていただく機会を設け、外科、特に心臓血管外科領域の魅力を広めていきたいと考えています。

約4時間にわたる手術体験セミナーを終えて
主な市内関連病院のベテラン
心臓血管外科医も講師として参加
講師陣も学生さんや初期研修医など
若人達との時間を堪能し、明日への活力としました
2024.05.20
令和6年度第1回手術体験セミナー&教室説明会開催
2024.04.12
<<論文掲載のお知らせ New Publication>>
2024.03.18
令和6年度第1回手術体験セミナー&教室説明会開催のお知らせ
2024.02.23
<<論文掲載のお知らせ New Publication>>
2023.11.20
札幌開成中等教育学校でアウトリーチ活動を行いました
2023.08.25
<<論文掲載のお知らせ New Publication>>
2023.08.24
<<論文掲載のお知らせ New Publication>>
2023.07.24
<<若狭哲教授就任祝賀会開催>>
2023.05.30
<<論文掲載のお知らせ New Publication>>
2023.05.29
令和5年度第1回手術体験セミナー&教室説明会が開催されました